Arise5

Blog

Events

毎週アップデートを受信されたい場合はこちらからどうぞ

扉を開き、扉を閉じる

アライズ5ウィークリーアップデート
聖書暦5777年イヤルの月第30日 2017年5月25日
オメルのカウントダウン(ペンテコステまであと6日)
「門よ。おまえたちのかしらを上げよ。永遠の戸よ。上がれ。栄光の王が入って来られる。」(詩篇24:7)

「あなたの門はいつも開かれ、昼も夜も閉じられない。国々の財宝があなたのところに運ばれ、その王たちが導かれて来るためである。」(イザヤ60:11)
「わたしはまた、ダビデの家のかぎを彼の肩に置く。彼が開くと、閉じる者はなく、彼が閉じると、開く者はない。」(イザヤ22:22)

扉を開き、扉を閉じる
今回のマレーシアの旅のためにお祈りくださりありがとうございます。私にとって特別嬉しいことは、孫のジェイミー(もうすぐ15歳になります)が一緒に来ていることです。彼も楽しんでいると言っています。最初の3日間はマレーシアの奥地(ジャングル)に入って行きました。その旅程の最後の部分は、モーターボートで目的地まで行きました。しかし、ジェイミーにとっては冒険を楽しむだけではありません。彼にも預言するように頼み、私は実際に彼が語る言葉の正確さとインパクトに驚き、恵まれました。

これまでに、6箇所でのミニストリーを終えました。(あともう1箇所あります)主が与えてくださっているテーマの一つは、扉を開き、また扉を閉ざすということについてです。

この教えの鍵となる聖句は詩篇24編です。「門よ。おまえたちのかしらを上げよ。永遠の戸よ。上がれ。」と書いてあります。そのときに栄光の王が入って来られます。彼は強く、戦いに力ある方です。新しい土地に行くときにはいつでも、私は門柱に手を置いて、戸が開き主が入られるようにと宣言します。それから、宿泊するホテルの部屋などを霊的に清めます。ミニストリーをするために様々な教会に行くときにもそうします。私やチームはその場所の出入り口で祈り、あらゆる悪霊の妨害や障害を強く戦いに力のある栄光の王によって締め出します。時には、主はこのことを目に見える形で確認させてくださいます。ある国のある町に行ったとき、そこに行くことは初めてではなかったのですが、その時の集会には何か重いものがありました。二日目の夜、その場所の扉に手を置くべきだと聖霊が思い出させてくださいました。その後会堂に戻ると、息が止まりそうなほどに驚きました。薄暗かった部屋が光で燃えているようだったからです。
今回のマレーシアでのミニストリーにおいて、このことについて話し、人々を実践に導くようにと主が何度も示してくださっています。私たちは、目に見える扉は霊的な扉をも表していることを知る必要があります。(詩篇では”永遠の戸”と書かれています)3つの分野の戸があります:

一つ目は、私たちの個人的な生活への戸です。(イエスは”戸の外に立って叩く”のです。黙示3:20)これは、神が私たちとの交わりを望まれると言うことを意味します。主は強く、戦いに力ある方、また主の軍の将ですから、私たちは神が私たちを悩ます障害や要塞を攻撃してくださると期待することができます。

二つ目の戸は、私たちの家や家族への戸です。それらの戸がかしらを上げるように命じ、主に私たちの家に入っていただき、暗闇があるなら追い出していただきます。主は具体的に示してくださることもあれば、ご自身で処理してくださることもあるので、私たちは突然シフトが来たことを知ります。このことは私たちの住んでいる場所だけに限りません。私たち自身や私たちの家自体が私たちの家族に対する戸であると考えるべきです。こう祈りましょう。”主よ、入ってきてください。全ての妨害に対して強く力ある戦いをしてください。私の家族全員が救われるように。アーメン!”

三つ目の戸は、主から与えられる領域や任務への戸です。仕事場や、ビジネスや、ミニストリーです。もちろん、悪魔は入って来るのが大好きです。悪魔は私たちを邪魔したり、私たちから盗んだりします。ですから、ときどきこの祈りをすることが重要です。何か障害がある、または問題が積み重なっているように感じる時にはいつでもこの祈りを祈ることができます。

以下のステップで祈ります:
戸がかしらを上げるように命じます。
栄光の王に入っていただくよう求めます。
聖霊が見せてくださるどんな罪も告白します。
悪霊や悪霊の働きを締め出します。
神の用意しておられる祝福を語るか、または預言します。

主は、私たちが常に神に対する戸を開いているいることを望んでおられます。国々の富が入って来るようにです。(イザヤ60:11)

敵に対する扉を閉じる
主に対する戸が開かれ続けているべきであることは明確です。一方、敵に対しては扉は閉ざされていなければなりません。
数週間前、境界線のために祈ることについての預言が語られました。(人生やミニストリーなどの境界線です)実はそれまでは、このことについてあまり必要性を感じていませんでした。しかし、その言葉を聞いたとき、それがとても重要であることが私の霊の深い部分でわかりました。

サタンは泥棒であり、強盗です。サタンは入って来て、収穫と報いを盗み取ろうとします。私たちが貧しく、重たいままでいることを望んでいます。今回の旅でも何度も、集会を始めるときに悪魔に対する扉を閉ざして、人々の使命を盗む悪魔の働きをストップさせるようにと聖霊が導いてくださいました。

みなさんがこのように祈るとき、神の祝福がありますように。
お祈りをありがとうございます。

ロナルド&テディー・サーカ

伝道の放送
日本のための伝道的な番組の配信を始めました。iTunes(登録してぜひレビューを残してください)と以下のリンクからお聴きいただけます。
https://goo.gl/yjID4E (YouTube)
https://goo.gl/gXQ4P8 (iTunes)
https://www.facebook.com/twr.asia (トランスワールドアジアのフェイスブックページ)

MPP
MPPのオーディオは平日朝6:00から6:45(日本時間)にhttps://www.ustream.tv/channel/arise-5-morning-prophetic-prayer-mpp で参加できます。記録をメールで受信されたい場合はmppjpnonskype@gmail.com にご連絡ください。
MPPはサーカ先生のフェイスブックページからもご覧になれます。
https://www.facebook.com/ron.sawka.1

サーカ先生のスケジュール
5月17日ー20日 マレーシア、サバ(使徒アステル・スン)
5月21日ー22日 マレーシア、コタキナバル(使徒アステル・スン)
5月23日 マレーシア、クチン、サラワク(使徒クング・チング)
5月24日ー25日 マレーシア、ビントゥル(使徒ジョン&アニー)
5月26日〜28日 インドネシア、ジャカルタ(フェンドキー&リナ)
6月3日 アライズ5ジャパンネットワークミーティング 佐野
6月4日 アライズ東京キリスト教会
6月8日ー17日 ミニストリー旅行
6月28日ー7月1日 カナダギャザリング、モントリオール
7月2日ー4日 インターナショナルギャザリング(リーダー対象)、モントリオール