Arise5

Blog

Events

毎週アップデートを受信されたい場合はこちらからどうぞ

「今ここで」生きること:満ち溢れているという考え方

アライズ5ウィークリーアップデート
2017年9月28日 聖書暦5777年ティシュレ第8日目

「今ここで」生きること:満ち溢れているという考え方
「盗人が来るのは、ただ盗んだり、殺したり、滅ぼしたりするだけのためです。わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」(ヨハネ10:10)

神が私たちに例祭を祝うようにと語られる主な理由は、それによって私たちが正しい考え方をするようになることです。考え方が主と一致していることが大切です。2週間前のアップデート(9月14日)に、喜ぶことについて書きました。今日お伝えすることは、それ以上に大切です。「今ここで」という考え方についてです。具体的に言えば、主は私たちが今日、つまり今この時に豊かな溢れるいのちのうちに歩むことを望んでおられるということです。

神が自分を将来いつか祝福してくださると信じるのは簡単です。以前、誰かが言っていましたが、時間的にも距離的にも遠い事柄を信じることの方が近い事柄を信じるよりも簡単です。神が遠くアフリカや中国で行なってくださっている奇跡を信じる方が、自宅にいる自分の為の奇跡を信じるよりも簡単です。同じように、いつか遠い未来に豊かないのちを持つことができると信じていても、今ここでそれが手に入ることは信じ難いことがあります。

しかし、このような考え方は実は偽りです。真理は、神は「今」私たちに良くしてくださっているということです。「今」、私たちを豊かに満ち溢れさせてくださるのです。神は私たちがこのことを知り、信じるようにと願っておられます。そう信じることは、神のうちに「休む」ことです。もちろん、試練や困難はあります。(Iペテロ1:6)苦しみを通して従順を学ぶこともあります。(ヘブル5:8)しかし基本的には、神は私たちに増加、豊かさ、祝福が毎日あるという考え方を持って神のうちに休むようになることを願っておられます。

1. 豊かに満ち溢れる祝福が「今」のためであるという考え方を持つ必要があります。「こういうわけで、神の安息に入るための約束はまだ残っているのですから、あなたがたのうちの一人でも、万が一にもこれには入れないようなことのないように、私たちは恐れる心を持とうではありませんか。」(ヘブル4:1)
2. そう考えないことは、実は不信仰であり不従順です。「こういうわけで、その安息に入る人々がまだ残っており、前に福音を説き聞かされた人々は、不従順のゆえに入れなかったのですから、神は再びある日を『きょう』と定めて、長い年月の後に、前に言われたと同じように、ダビデを通して、『きょう、もし御声を聞くならば、あなた方の心を頑なにしてはならない。』」(ヘブル4:6-7)

3. 私たちの考え方を神と合わせるためには、訓練と努力が必要です。「ですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。」(ヘブル4:11)神が私たちに例祭を祝うようにとされたのは、私たちが正しい考え方をするためだと私は捉えています。このティシュレの月は豊かに満ち溢れる祝福の月です。ただそのままを受け取って、その内を歩んで行きましょう。

大贖罪日 責めからの解放
この新しいヘブルの年5778年の第7月目には、3つの大切な例祭があります。
ラッパを吹き鳴らす祭り 9月21日
大贖罪日 9月30日
仮庵の祭り 10月5日〜12日

大贖罪日とはまず、罪責感を砕く日です。それには二つの方法があります。このことは、贖罪日に用いられた二頭のやぎと関連しています。一頭はいけにえとされ、その血は「贖いのふた」にふりかけられなければなりませんでした。(レビ16:8,14)これは、「私たちの良心をきよめて死んだ行いから離れさせ、生ける神に仕える者とする」(ヘブル9:14)キリストの血を示すものでした。つまり、私たちは祝福を「稼ごう」とすることから自由にされたのです。良心の咎めを受ける必要はありません。私たちは清められました!

もう一頭のやぎは祭司の前に立たされ、人々の全ての罪がその上に置かれました。その後、そのやぎは荒野に解き放たれました。このことが示しているのは、私たちの罪がイエスの血によって許されただけではなく、忘れ去られるということです。神はもはや思い出さないのです。「わたしは、もはや決して彼らの罪と不法とを思い出すことはしない。」(ヘブル10:17)私たちは責めを経験し続けなくても良いのです。神は私たちの罪を許すだけではなく、あえて思い出さないことを選んでくださったのです。

お祈りをありがとうございます。
ロナルド&テディー・サーカ

アライズ5インターナショナルコンファレンス
今年7月に台湾の高雄で開催したインターナショナルコンファレンスの際に、主は来年のアライズ5コンファレンスは沖縄で行うべきだとはっきり語られました。是非、2018年2月2日〜4日にご参加ください。詳細については、
http://arise5.com/jp/events/アライズ5インターナショナルコンファレンス/ をご覧ください。

いくつかのミニストリー旅行を予定しています
下のスケジュールにあるように、来月はスリランカ、アルメニア、モスクワに行きます。11月にはカイロで開催されるギャザリングに参加し、その後ベラルーシのミンスクに行きます。これらの旅行のために捧げてくださる方があれば、このニュースレターの最後に記載しています方法でお捧げください。

サーカ先生のスケジュール
10月1日 アライズ5東京(預言カフェ)
10月4日〜9日 スリランカ
10月11日〜13日 アルメニア
10月14日〜15日 モスクワ
10月19日〜29日 台湾