Arise5

Blog

Events

毎週アップデートを受信されたい場合はこちらからどうぞ

キスレブの月

キスレブの月:ヘブル暦5778年第9月(2017年11月19日ー12月18日)

ベニヤミン部族の月。ベニヤミンは、12人のうち、イスラエルで産まれた唯一の息子でした。イスラエル情勢に心を留めましょう。イスラエルの進路を変えるような出来事が起こります。

戦いの戦略を建て上げる月。戦いのための預言的啓示を受け取る月。 先月は新しい油注ぎの月でした。今月は、戦略のための預言的啓示を強く求める時です。ベニヤミンは弓術(預言的戦略をあらわす)に最も長けていました。「ベニヤミンはかみ裂く狼。朝には獲物を食らい、夕には略奪したものを分ける。」(創世記49:27)今月、神があなたに敵を打ち砕き、繁栄するための新しい戦略を与えられることを宣言しましょう。

新しいレベルの信頼と安息に入る月。新しい油注ぎと共に前進し、主から私たちの内に新しいレベルの信頼を建て上げていただきましょう。詩編25:14には、「主はご自身を恐れる者と親しくされ、ご自身の契約を彼らにお知らせになる」と記されています。神と神が命じておられること(例:すべてのことについて感謝する)に入って行くならば、多くの障害を乗り越えることができるのだということを信じなければなりません。もし、経済的プレッシャーを感じているならば、そのことを心配の種にする代わりに、あえて、感謝することを選び取りましょう。Iテサロニケ5:18およびコロサイ3:17を読みましょう。

Tヘブル文字「サメクsamekh [ס]」の月。この文字は、円のような形をしています。それは信頼、確信、サポート、物事の完結をあらわします。私たちは、今、信頼と確信を建て上げる季節に置かれています。もし、それらのものが建て上げられていなければ、「同じ古いサイクル」を何度も繰り返し、新しい所に入って行くことができなくなってしまいます。ヘブル10:35のみ言葉を思い巡らしましょう。さらに確信が増し加わるよう主に求めましょう。

あなたのサポートシステムを見直す時。あなたは誰をサポートしていますか。誰があなたをサポートしていますか。あなたの友人は誰ですか。

虹の月。平安を得るために、「戦わなければ」なりません。このような聖書的考え方を認識することは非常に大切です。平安/平和は、自動的にもたらされるものではありません。私たちは、信仰・喜び・感謝に立つことを選び取らなければならないのです。そして、信頼と確信を建て上げなければなりません。

平安や静けさを感じ取る月。あなたは洪水を切り抜けてきました。神はあなたが再びそこを通過することを願ってはおられません。戦いとは、単に私たちの周りの混沌とした状態に対して立ち向かうことだけを意味するのではありません。私たちは攻勢に出、葛藤があっても、そのただ中で、平安を得ていなければならないのです。
夢の月。主はこの一年、物事を「積み重ねて」来られました。今、その啓示を夜の間に解き放たれます。一日を再調整する助けになります。24時間サイクルが夜に始まると考え始めてから、より良く眠れるようになり、夢が与えられるようになりました。主にあなたの一日をリセットしていただきましょう。

神にあなたのトラウマをいやしていただきましょう。睡眠の質が向上します。 夢の中のあるものは、神が、何かの記憶を再現しておられるのです。そのような夢を見たら、そのトラウマをいやしてくださるよう主に求めましょう。主は必ずいやしてくださいます。詩編127:2には、「主は愛する者に眠りを備えてくださる(英文聖書よりの直訳)」と記されています。

腹/胎/神の川の月。平安であること、豊かさ、そして自分の次の「はかり」を理解することとは相互関係があります。後の雨は9月に降り始めました。(仮庵の祭り) 今の段階では、「川が流れるほどに」なっているはずです。平安や静けさが、どのようにして満ち溢れる豊かさとつながっているかということについて思い巡らしましょう。エゼキエル47章の神の川について考えましょう。啓示とは漸進的なものです。: くるぶしまでの深さ、膝までの深さ、そして泳げるほどに深くなるのです。神は私たちが単に歩くのではなく、神の川の流れによって運ばれることを願っておられるのです。

まっすぐに射て、すばやく動く月。ぐずぐずするのはやめましょう。無駄をカットし、前進し続けましょう。

射手座(矢を射る者)の月。王国や文化に対して戦いを挑む時です。イスラエル、アメリカ、その他の契約の国々の情勢を見張りましょう。

8日間のユダヤの祭りであるハヌカ祭(12月12日〜20日)は、通常キスレブの月に始まり、テベットの月に終わります。ハヌカは神殿を再奉献したことの記念です。そして、神の光は消え去ることがないということを表します。神の光が私たちの内で、また、私たちを通してますます輝くことを信じ、宣言しましょう。

注)このアウトラインは、2006年のチャック・ピアス師によるヘブル暦と神のサイクルに関する講義のメモから編集したものです。